スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートレース界で不幸ありましたが、各選手気をつけてください!

先日はオートレースで坂井選手の事故、本当にお悔やみ申し上げます
今日(1/17)船橋オートでは、師匠の永井大介選手が決勝に乗ったのですが5着でした。
でも、決勝戦で31期の同期の、青山周平選手が1着になり優勝したので、坂井選手も天国で喜んでると思います。

しかし、各レース業界(競艇・競輪・競馬・オート)本当に事故だけは気をつけてください
すばらしい内容のレースを見せていただくのがファンにとっての一番の楽しみです

事故から復帰の選手といえば、競艇界の不死鳥「植木道彦選手」だと私は思います。
植木選手は、漫画のモンキーターンの榎木選手のモデルです。
漫画の榎木選手はペラにからまれて75針を縫っていませんが、現実の植木選手は75針の手術を受けその後復活劇を改進しました
18年前のCMで「おれが植木だ~」というCMはいまだに記憶がございます

WIKIPEDIAの抜粋ですが、少し長くなりますが植木道彦選手の経歴です。

選手生活 [編集]1986年 - 福岡競艇場でデビュー。
1989年 - 選手生活3年目の1月16日、桐生競艇場でのレース中に転覆した際、後続艇のプロペラで顔面を切り刻まれ、全治5か月、傷の縫合に75針を要する重傷を負う。
半年後、レースに復帰するが、負傷した競艇場での復帰を避ける選手がほとんどの中で、父親の進言や自身を奮い立たせる意味を込め、復帰戦の場として桐生を選んだ。この経緯から「不死鳥」の異名が植木に与えられることとなり、1990年代後半に放映された競艇のテレビコマーシャルでも「平成の不死鳥、植木通彦」というナレーション、テロップで紹介された。

1990年 - 唐津競艇場で開催された、新鋭リーグ戦で初優勝を飾る。
1992年 - 福岡競艇場で開催された地区選手権競走(九州地区選手権)で初のGI優勝。
同時に翌年勝つ総理大臣杯競走の出場権を手に入れる。 当時「競艇選手の旬」強さのピークは40歳代と言われており、笹川賞競走とグランドチャンピオン決定戦競走でSG連覇を成し遂げた中道善博、賞金王決定戦を制した“モンスター”野中和夫も40歳代のベテランであった。 植木とともに世代交代の嵐を起こした服部幸男は平和島競艇場の全日本選手権競走で史上最年少SG優勝を果たし一歩早く注目を浴びている。

1993年 - 戸田競艇場で開催された第28回総理大臣杯競走でSG初優出・初優勝。SG優勝戦でモンキーターンを使い勝利したのは植木が初めてである。この優勝戦にはモンキーターンの創始者である飯田加一も乗っていた。当時“モンキーターン”の呼び名はまだ定着しておらず、実況アナウンサーは“フロンティアターン”と呼んでいた。一方、植木のことはすでに“不死鳥”(フェニックス)と実況で呼ばれている。この総理杯制覇をきっかけに「10年連続賞金王決定戦出場」、「5年連続SG制覇」の偉業を成し遂げることになる。この年は野中が圧倒的な強さを見せた年で、6度目の笹川賞V、獲得賞金第1位で決定戦進出し優勝、賞金王史上初の連覇を達成している。
1994年 - 児島競艇場のモーターボート記念競走で前年総理杯以来、1年半ぶりにSG優出し2着に入る。勝ったのは艇界屈指のインファイターで知られる地元のベテラン関忠志であった。つづく常滑競艇場で開催の全日本モーターボート選手権競走もで優出、優勝しダービー王となる。年末、植木は勝てば公営競技初「2億円レーサー誕生」の位置で賞金王決定戦に進出。“モンスター”野中にマークされ偉業達成はならなかった。野中が植木に勝たせないレースをすると考えた中道が、その展開をついたと云われる“テクニシャン”中道らしい勝利である。決定戦で敗れた植木であったが年間では賞金王に輝いている。翌年「オレが植木だ!」の台詞のTVCMが一年間流された。
1995年 - この年のSG戦線も、50歳前後のベテランの活躍が目立っていた。野中がグランドチャンピオン決定戦競走(桐生)を制しSG全冠制覇(当時)を達成、モーターボート記念競走(三国)は中道、全日本モーターボート選手権競走(丸亀)は地元の安岐真人が制していた。年末、住之江競艇場で開催された第10回賞金王決定戦、植木は5号艇から奇襲の2コース進入、1マークはイン中道に対してマクリを放つが中道も受け止め凌ぐ。ターンマークの度に順位が入れ替わる死闘を演じ、2人は併走でゴール、わずかの差で植木が20代で初の賞金王覇者となった。この中道善博との艇史に残る死闘は今なお語り継がれる名勝負である。賞金王を制した植木であるが、総理杯と笹川賞を制して史上9人目のSG連覇を成し遂げた服部幸男が賞金王に輝いている。服部も翌年のTVCMが作成され「水の上では先輩も後輩もない!」と当時の世代抗争を匂わす台詞であった。
1996年 - 春の総理大臣競走(平和島)は前年末の死闘の相手中道が優勝。夏、植木は当年新設のオーシャンカップ競走(住之江)で優出。1号艇からインに入るが、3度目のSG全冠制覇に燃える野中和夫の2コースまくりに散る。続く、モーターボート記念と全日本選手権競走でも優出「すべて1号艇で3着」であったが、再び「2億円レーサー」を狙える位置で年末を迎える。賞金王決定戦は戸田競艇場で開催、前年同様「中道VS植木」「ベテラン対植木」のシリーズになった。トライアル初日、中道のマクリに植木が抵抗し大競り、植木は3着、中道は6着に沈む。トライアル2日目は別々のレースで2人とも鋭発STからマクリを決めて1着。トライアル最終日は、中道が1着、植木は3着にまとめる。中道・植木どっちが勝っても2億円レーサーが誕生する状況での前日インタビューで、中道は「植木には絶対マクらせない」と言うと、植木は「それだけ言われるのは本望です」と応えた。決定戦は2コースからマクリを打った安岐の上を植木が捲くって決着。植木がベテラン勢をモンキーターンで総マクリにする1マークは世代交代を象徴するシーンと言われる。この優勝で、公営競技初の年間獲得賞金2億円プレーヤーとなり、そのニュースは翌日のデイリースポーツの表一面を大きく飾った。翌年のTVCMでの決め台詞は、「俺には、走ることしかない!」。
1997年 - 前年のオーシャンカップ競走から継続していたSG連続優出を常滑競艇場で開催の笹川賞競走優出で6に伸ばす。優勝戦は6号艇から4コース進入「絞り捲くり」を放ち強さ印象づける優勝を飾り“新艇王”と呼ばれるようになる。地元若松競艇場でのモーターボート記念競走でも優出、植木・田頭実・今村暢孝の地元三人衆と安岐が激しい進入争いを演じ、安岐・今村の2人が周り直す異例の進入になった。植木ら内寄りが深くなり5コースから安岐がマクリ差して「SG最年長優勝」を果たしている。年末、獲得賞金一位で賞金王決定戦に進出。決定戦の1号艇はインの鬼西島義則で、インは不動と思われたが6号艇の今村豊が奇襲の前づけでインを奪取、3号艇だった植木は5コースから攻めたが展開がなかった。展開を突きマクリ差しを決めたのは大外の服部幸男で、2連単で97倍を超える大波乱となった。この決定戦は1レースで初めて60億円を超える売上を記録している。この年は西島義則、市川哲也、山崎智也らSG初Vを果たしている。
1998年 - 丸亀競艇場の総理大臣杯で1号艇で優出、前年覇者の西島義則にイン強奪され逃走を許す。その後、宮島競艇場のグランドチャンピオン決定戦優出などで賞金を加算、賞金王決定戦に出場したが、4年連続で駒を進めていた決定戦には届かなかった。決定戦を制したのは「デビュー節で優出」の曰くを持つ“怪物くん”太田和美であった。艇界は「西高東低」と言われていたが、この年は、山崎智也が地元桐生で笹川賞、長岡茂一も地元多摩川でモーターボート記念競走、濱野谷憲吾が全日本選手権競走、江口晃生が当年新設の競艇王チャレンジカップで優勝し関東勢が活躍した。
1999年 - 植木は児島競艇場の総理大臣杯までにF2(フライングが2コ)ながら優出。優勝戦のスリットは.00のタッチスタートで残した。後日、映像を見て「フライングじゃなくて本当によかった」と言ったそうである。 夏に再び児島競艇場のモーターボート記念競走でも優出。植木にとって児島は、SG3優出と自身最後のG1Vを含む3度のG1優勝の好相性水面である。年末の賞金王決定戦は得点トップで優出。当時は枠番は抽選で決めており、4枠で決定戦を迎える。植木の賞金王での抽選運の悪さは有名で4枠なら良いほうであったがレースは大外進入になり展開がなかった。優勝は地元の松井であった。世代交代が進み、ベテランのSG優出はオーシャンカップ競走(若松)の黒明良光や競艇王チャレンジカップ競走(平和島)の安岐真人等に留まっていた。また、賞金王シリーズを最後に中道善博が引退。96年総理杯優勝インタビューで言った「あと4年でやめる」が現実になった形でもある。後に中道は「2年連続で賞金王に乗れなかったらやめようと思っていたが、前年の賞金王シリーズを勝ってSG優先出場権が手に入ったのでもう一年続けられた。」と語っている。
2000年 - SG優出するたび「今度こそ」言われるが、優勝には縁がなかった時期である。グランドチャンピオン決定戦競走(下関)を制した西島義則が、地元・宮島のオーシャンカップ競走でSG連覇を狙っていた。植木はオール連対で準優を1号艇で進出するが、2号艇西島にピット離れでインを奪われ逃走を許す。優勝戦、植木は大外6コースからマクリ差し先頭に踊り出るが、2周1マーク手前で島川光男と大競りとなり、西島の割り差しを食い2着に終わる。西島は続くモーターボート記念競走(若松)も5コースから差して「SG3連覇」(野中以来至上2人目)を達成。植木はこの年も賞金王に出場するがトライアル敗退。決定戦は市川哲也がスタート鋭発からマクって制す。なお、この年から公営競技初の3連勝式投票券の発売が開始されている。
2001年 - 唐津競艇場で開催された第11回グランドチャンピオン決定戦競走で4年ぶりのSG優勝を飾る。この大会は寺田千恵が女子選手として艇界史上初めてSG競走のファイナリストに名を残した大会でもある。植木はインで遅れた寺田を2コースマクくり、差し上がった地元・上瀧に競り勝っての勝利であった。植木と上瀧はライバル関係とされ、植木は96年地元福岡での全日本選手権競走で上瀧と競り合い死闘の末に敗れたリベンジを上瀧の地元で果たした形になった。SGを勝ったもののここ数年と比べ調子はよくない時期であった。年末の賞金王決定戦はこの年SG優出を重ねた田中信一郎が地元住之江でイン逃げでSG初制覇しているが、このレースで山崎智也が決定戦史上初のFで大返還となった。
2002年 - この年の植木は再び大ブレイクする。若松競艇場でのオーシャンカップ競走で地元SG初V、イン逃げでのSG制覇も初である。前年グランドチャンピオン決定戦競走に続きこの時2着もライバルの上瀧である。“モンスター”野中に並ぶ「10年連続賞金王決定戦出場」を確定、後に松井繁もこの記録に並ぶが10年連続の壁を破る者は現れていない。また「9年連続の獲得賞金1億円」も達成、松井と濱野谷憲吾も後に並ぶが抜くことはできなかった。津競艇場での競艇王チャレンジカップを賞金王決定戦勝負掛けの5人を相手にイン逃げ完勝、自身初の年間複数回SG制覇を記録。さらに住之江競艇場で開催された第17回賞金王決定戦も、前ヅケしてきた“王者”松井を内に入れ、外からマクってきた田中信一郎制し、4コースから先マクリを放って快勝、6年ぶり3度目の賞金王に輝く。この勝利で自身初のSG競走連続優勝を記録(同一タイトルのSG連覇は95年、96年賞金王決定戦で記録済み)。同時に野中和夫と西島義則に並ぶ年間SG3勝を達成。賞金王決定戦の優勝も3度目となり史上1位タイとなる。賞金王決定戦は獲得賞金1位で出場した者が決定戦を制することは難しく、獲得賞金1位の者の優勝は93年の野中和夫と02年の植木を除いて例はない。年間獲得賞金2億8418万4000円の艇界最高記録、また公営競技最高記録でもある。
2003年 - 年初は3億円レーサー誕生も間近との期待もあったが、不調に怪我もあり全日本選手権競走までSG優出は無く、賞金王11年連続出場のために「優勝」条件であった競艇王チャレンジカップ競走も負傷帰郷で記録は途切れることになった。年末には賞金王シリーズ戦に初出場し、この年初のSG優出を3着で終えている。
2004年 - 地元福岡の全日本選手権競走で優出、インから逃げた田頭実と地元ワンツーを決める。先行していた西島をツケマイで沈め、2着をもぎ取る植木らしい追い上げのレースであった。この優出をきっかけにG1優勝などで賞金ランキングを駆け上がり、2年ぶりに賞金王決定戦に戻ってきた。秋以降の勢いそのままにトライアルを得点トップで通過、得点順で枠が決まるようになった決定戦を1号艇で迎える。決定戦は、伸び超抜の上瀧の4コースカドまくりを浴び、1マーク振り込んで終戦。勝ったのは6コース進入ながら追い上げた田中信一郎であった。3連単配当は5万円を超え、SG優勝戦史上最高配当(当時)の大波乱になった。
2005年 - 昨秋からの好調を持続し常滑競艇場で開催された笹川賞競走でインから逃げて2年半ぶりのSG優勝。笹川賞は2回目の戴冠である。SG通算優勝回数が10回の大台に到達(初代艇王・彦坂と並び歴代2位タイ)。常滑でのSG優勝は3回目。夏、オーシャンカップ競走(桐生)で優出、好調を維持し地元若松のモーターボート記念競走、苦手とされるナイターながら得点トップで準優勝戦を迎え、グランドスラムの期待が高まるが準優は3着惜敗。年末、賞金王決定戦に出場も負傷で帰郷。
2006年 - 尼崎競艇場で開催された「競艇ニュース杯」(一般戦(タイトル戦))で優勝し通算1,500勝を達成。最後の地元SG出場となった福岡での全日本選手権競走では、予選3位の好成績で予選通過を果たすが、準優は2号艇坪井康晴と1着争いの大競りの間隙を6号艇魚谷智之に突かれ3着と惜敗し優出はならなかった。児島競艇場で開催された周年記念競走「競艇キングカップ」で優勝戦を4号艇から出走しまくりを決め優勝を果たす(自身最後のG1優勝となった)。好調を維持し丸亀競艇場で開催された競艇王チャレンジカップでも予選2位通過・準優1着を決め、賞金王決定戦出場には2着条件で優勝戦を迎えたが、惜しくも3着となり決定戦出場はならなかった。
2007年 - 年始尼崎競艇場で開催された周年記念競走「近松賞」で優出3着、2007年SG初戦・総理大臣杯直前に三国競艇場で開催された周年記念競走「北陸艇王決戦」で同じく優出3着と、昨年秋から続くそこそこの好調ぶりを見せ、総理大臣杯へと臨んだ。平和島競艇場でのSG第42回総理大臣杯、SGでは珍しく超抜モーターを手にした植木の豪快なイン逃げで誰も捲ることが出来なかったため、平和島競艇場審判課・松永良一アナ(通称:ベイ吉)に『ウエキング』という愛称を名付けられ、予選トップ通過・準優を見事なイン逃げで優出を果たすが1号艇で出走した同大会優勝戦にて、インスタートから僅かコンマ01ではあるが痛恨のフライングを犯し売上の9割以上にあたる17億4522万7700円という記録的な大返還の元凶となってしまった。
このフライングにより、植木は今後1年間賞金王決定戦競走を除く全てのSGへの出場資格を失い、予定されていた住之江でのSG笹川賞競走の出場・初日ドリーム戦(4号艇)出走も取り消されることとなった。(皮肉にもその笹川賞競走で優勝を果たしたのは、同年総理杯で優出3着、植木の代役としてドリーム戦に繰り上がり出走となった同郷の後輩である強豪選手・瓜生正義であった。総理杯の植木と同じく優勝戦を1号艇から出走し、見事SG初優勝を果たした。) また、植木はフライング休み明けの2007年6月15日からも、GIには規定に基づきフライング休み消化後6ヶ月間選出除外となることが決まった。(よって同年末に行われる初の地元開催となる賞金王決定戦競走(福岡)への出場が実質的に閉ざされることとなった。) その後、地元の2つの周年記念競走(若松・芦屋)に出場(自身最後のG1出場)し、F休みに入る(総理杯でのF)。休み明けの復帰戦は奇しくも(自身最後のSG出場となった地)平和島競艇場での「サントリーカップ」(一般競走)であった。レースはおせじにも好調とは見えなかったが、しっかりと優出を果たした(3着)。 平和島での復帰後、次に出場した鳴門競艇場での「ヤクルト杯競走」(一般競走)(惜しくも次点で優出ならず)の終了後、翌7月19日に突然の引退を宣言した。(結果的に18日の第10レース・「うずしお選抜戦」で1号艇からイン逃げを決めたレースが現役最後のレースとなった。) 7月20日、東京都港区のホテルパシフィック東京で行われた永年功労者祝賀会終了後(植木は現役勤続20年の表彰を受けた)に同ホテルにて引退会見を行い、正式に現役引退を表明した。

通算成績は4500走1562勝、勝率7.58、優勝74回(SG10回・GI23回)、生涯獲得賞金は22億6184万2369円(現在歴代3位、競艇界で生涯獲得賞金が20億円を越えているのは今村豊・松井繁を含む3人だけ)だった。

植木選手のモンキーターンです






Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

スポンサーサイト 広告
スポンサーサイト 広告
プロフィール

今日の超穴馬 大予想

Author:今日の超穴馬 大予想
開催日の朝に私の過去の経験により超穴馬を
予想してアップします。
あと一頭なにかいい馬がいないかな~という時に
参考にしていただければ幸いです。

美人ボートレーサー
芦村幸香ちゃん! みんなで応援しましょう!!
image1.jpg image2.jpg image3.jpg
穴馬の単勝オッズ
みんなで予想しましょう!!
みんなで予想する無料のサイトです。以外とおもしろいのですよ。
競馬予想D 他の競馬予想も見る
最新記事
最新コメント
今日の超穴馬 大予想!
QR
スポンサーサイト 広告
私の最高配当です!77万馬券!
超穴馬予想!4番・ドナリサ・1着
77万馬券
ブログランキング参加中!
よろしければポチットお願いします。
アクセスありがとうございます!
検索
BBS7.COM
MENURNDNEXT
ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank フィードメーター - 今日の超穴馬 大予想
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。